内藤デンタルクリニック/野田市なみき【根管治療・小児歯科・インプラント・歯周病治療・矯正歯科】

メインテナンス

3ヶ月に一度は歯科医院に通ってきてください。

メインテナンス歯科医院とは、歯の治療を行うところです。

しかし、本来の歯科医院の役割は、違う所にあると思っています。

歯が痛くなって、歯がぐらぐらして、歯科医院に通うのではなく、歯の治療が必要なくなるように通う所である必要があると思っています。
つまり、虫歯や歯周病がなくなり、皆様が歯の治療が必要なくなるような世の中にすることが、歯科医師の努めだと思うからです。

歯を削ったり、歯の根管治療や、インプラント手術に顕微鏡を使う、と説明しましたが、実は、これらはあくまでも歯の治療です。
本来の顕微鏡治療の役割は、限りなく小さい段階の虫歯を発見し、できるだけ早めに進行しないような治療を行うために使うものだと考えているのです。

つまり、顕微鏡こそ、メンテナンス(予防歯科)で発揮できる、最先端の歯科治療だということです。

内藤デンタルクリニックでは、少なくとも3ヶ月に一度は歯科医院にやってきて、歯の健康状態をチェックしていただくことを推進しています。
ちょっと面倒くさくても、3ヶ月に一度は、顔をみせていただきたいのです。

そんなときに、今、お困りの事などをお聞きしながら、お口のケアをしてまいります。

そうすることで、後で、痛い歯の治療もすることがなくなり、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまい、インプラント治療をすることになったりせずに、80歳になるまで、20本以上の歯を残す事を可能にするのです。

メンテナンス周期

メンテナンスも顕微鏡

インプラント治療毎日歯磨きをしていても、磨き残しは必ずおこります。
そうしているうちに、残った食べ物のカスに細菌が付着し、繁殖し、歯垢へと移行していきます。
そのままにしておくと、バイオフィルムという硬い固まりになってしまい、日常の歯磨きでは落とす事ができなくなります。このバイオフィルムこそが、歯周病のはじまりなのです。

そのため、定期的に、歯科医院で歯のクリーニングをすることをおすすめしています。


歯ブラシでは磨く事のできない、歯と歯の間のみぞを丁寧にみがきます。

P.M.T.C

P.M.T.Cは自分ではできません。

歯の周りには、磨き残しなどによりバイオフィルムという、細菌が作った膜ができることがあります。このバイオフィルムは、日常の歯磨きではなかなか取る事ができません。
P.M.T.Cでは、歯科医院にて専用の器具を使い、バイオフィルムを取り除きます。
歯ブラシの届かない所にも汚れがたまりやすくなりますので、P.M.T.Cでこれらをしっかり取り除き、虫歯や歯周病を予防しましょう。


P.M.T.Cの効果

(1)歯質を強化します
研磨用のフッ化物入りペースとにより再石灰化(カルシウム等)を促進し、歯のエナメル化を強化することができます。

(2) 虫歯を予防します
細菌性バイオフィルム(※)を破壊し、プラークを除去し、再付着を防ぎます。
また、エナメル質表面へのカルシウム補給を助け、歯を強くします。

バイオフィルム※バイオフィルムとは歯の表面や歯周ポケットの内部のプラークが成熟して形成される細菌が作った膜です。バイオフィルムは細菌がフィルム状のバリヤーに覆われ、細菌が排除されず、抗生物質や殺菌剤などの化学療法も効果的に効かなくなります。

(3) 歯周炎や歯肉炎の改善・予防をします
プラークを除去する事により、歯肉の症状を改善します。また、歯肉が引き締まり、歯周病や歯肉炎の予防にもつながります。

(4) 審美性の向上
タバコのヤニや茶シブなどの沈着した色素を取り除き、光沢のある本来の歯面に回復させます。また、汚れがつきにくくなります。


P.M.T.Cの前に

・歯周病治療後にP.M.T.Cを行う方
咬み合わせや虫歯の問題はありませんが、歯肉に問題がある場合には、ある程度の改善を行ってからP.M.T.Cを行います。

・すべての治療終了後にメインテナンスとしてP.M.T.Cを行う方
歯周病、虫歯、咬み合わせ等(矯正)、インプラントなど、全ての治療が終了してからメインテナンスとして
P.M.T.Cを行います。

P.M.T.Cのみ行う方
特に問題がなければ、予防処置として
P.M.T.Cを行います。


P.M.T.Cの流れ

STEP1:ブラッシング状態、歯、歯肉のチェック

ブラッシングのできていないところや、磨きにくいところをはっきりさせます。必要に応じてブラッシングの指導も行います。
また、P.M.T.C前に歯や歯肉にどのような問題があるのかチェックし、歯石があれば取り除きます。


P.M.T.CSTEP2:研磨ペーストの注入

歯の表面、歯と歯の間、歯の付け根の部分にクリーニングペーストを塗ります。


STEP3:清掃・研磨

P.M.T.C・ブラシで表裏の汚れを落とします。

・三角形チップで歯間部を磨きます。

・やわらかいシリコンラバーのカップで歯の表裏、歯茎の間を研磨します。

・山形ブラシで落としにくい咬合面の溝の汚れをきれいにします。細かい部分まで全てきれいにします。

 

 


STEP4:洗浄

消毒薬を含んだ洗浄液でお口の中をきれいにして、歯肉ポケット内や歯を洗浄します。

P.M.T.CSTEP5:フッ化物の塗布

虫歯の予防になるフッ化物を塗ります。より浸透させるために数分間うがいを避けます。

ニュースレターニュースレター
サイトマップ
院長のごあいさつ
診療案内
顕微鏡治療
歯の根っこを残すこと
根管治療
かぶせもの治療
インプラント
メンテナンス
クリニック紹介
アクセス
  • 診療時間
  • 内藤デンタルクリニック
ページトップ