内藤デンタルクリニック/野田市なみき【根管治療・小児歯科・インプラント・歯周病治療・矯正歯科】

かぶせもの治療

かぶせもの治療でも発揮する顕微鏡

虫歯治療で、削った後にかぶせものや詰めものをする治療があります。
通常は、肉眼や拡大鏡を使ってかぶせものや詰めものを詰めていきますが、実は、この治療も顕微鏡を使うと、非常に精度の高い治療ができます。

歯科用の顕微鏡は、肉眼の約30倍です。
ここまで拡大して、かぶせものや詰めものの治療を行うのです。

顕微鏡下でのかぶせもの写真かぶせものや詰めものの治療をしたとき、わずかですが、歯とかぶせたものの間に隙間があきます。
そこの間から、細菌が入り込み、また感染を起こす場合があります。
それをふせぐために、かぶせものと歯との間に隙間をつくらず、ぴったりとかぶせる必要があります。

肉眼や拡大鏡では確認できない、わずかな隙間もみのがさず、顕微鏡でかぶせものをしていきます。

削る量を最小限に

顕微鏡下で削っている写真虫歯になってしまった部位を取り除くため、歯を削らなければならない場合があります。
そんな時にも顕微鏡が役立ちます。

肉眼や拡大鏡では見えにくい部位でも、顕微鏡で拡大して確認することにより、より細かに削る部位を確認する事が可能です。
そのため、必要のない部分は削らず、削る部位を最小限に抑えて削る事が可能です。

口の中は暗くて狭く、小さな部位を削るのは非常に難しいのです。

これは、顕微鏡治療でしか実現できない、精密な歯科治療です。

ニュースレターニュースレター
サイトマップ
院長のごあいさつ
診療案内
顕微鏡治療
歯の根っこを残すこと
根管治療
かぶせもの治療
インプラント
メンテナンス
クリニック紹介
アクセス
  • 診療時間
  • 内藤デンタルクリニック
ページトップ